1. HOME
  2. 最新情報
  3. ブログ
  4. お役立ち情報
  5. 不燃化粧板セラールってなに?

不燃化粧板セラールってなに?

こんにちは。グローブ建材ドットコムのおすすめ商品“セラール”についてお話します。

専門用語が多くて商品選びに悩んでいる方や、名前は聞いたことがあるくらいでもっと知りたい方にとって、お役に立てれば!と思っています。

Q:セラールって何?

A:化粧板メーカー、アイカ工業の不燃化粧板の名称です。

メラミン樹脂の化粧層と特殊な不燃コア層を高温・高圧でプレスした商品のため燃えにくい壁面材になります。キッチンをはじめ、消臭や抗菌に優れた商品では、医療関係・介護施設などにも幅広く使われています。

難しく書いてしましましたが簡単に説明すると、燃えにくい壁に貼るパネルです。特に、キッチンのコンロ付近の壁材として活躍しますよ!!なぜならば…

  • お手入れ簡単
  • 熱に強い
  • 耐久性
  • 豊富なデザイン
  • 加工しやすい

と、理想通りのキッチンまわりに近づけてもらえる商品です。以前でしたら、台所はモルタルでタイルを貼る壁が一般的でした。ただ油汚れ等の掃除が大変で、ひび割れしやすいのが難点だったようです。

また、アイカ工業はパネルとパネルの隙間に使う副資材(ジョイナーやコーキング)をたくさん用意しています。パネルの色に合わせた副資材を使うことで、統一感のある素敵な空間の実現が可能になります。

キッチン廻りの話ばかりになりましたが、お手入れが簡単ということでトイレでも大活躍しますよ。お風呂にはバスルーム用セラール、トイレ専用のパネルとしてタフォール等、多彩なバリエーションでのパネルを用意しているので用途に合わせて選ぶことができますね。

Q:どうやって貼るの?

A: ONタイル工法とM工法(一般工法)があります。

まずは、ONタイル工法について。その名の通り、既存のタイルはそのままでアイカセラールを貼ります。

キッチン、トイレ、バスルームなど水廻りスペースは、日常生活の要となる部分です。リフォーム工事が長引けば、それだけ不自由な生活を強いられます。アイカのリフォーム工法「セラールONタイル」なら、タイル下地を有効活用できるので、工期を大幅に短縮できます。

次はM工法について。ボード系下地にアイカの不燃壁材を施工するための工法の名称です。

一般的な工法の意味なので、下地をきれいにして、パネルを貼って乾燥させて完成という流れになります。

まとめ

実際の現場の様子を見てみましょう。

快適さや住み心地を考えながら各メーカーの方が商品開発や改良を重ねて、昔に比べて大変すばらしい商品がどんどん出てきているように思います。

色んなバリエーションに対応できるように単色や木目、石目柄もご用意していますので、気になりましたら是非商品ラインナップ見てみてくださいね。